Rasmusklump History

topbanner

banner1

kuma

ラスムス クルンプは1951年、デンマークで新聞の連載漫画の主人公として生まれました。そして、子供を楽しませる物語とイキイキとした想像力豊かな世界観を描き出した絵との独特な雰囲気で大人にも子供にもたちまち人気となりました。

RK2

1951年11月17日に、デンマークの新聞に連載漫画としてスタートしました。

その後、ラスムス クルンプの絵本はどの子供部屋にも置かれるようになり、その本を読んでいた世代からその子供へまたその孫の代へと読み継がれていきました。今やデンマークでは、赤と白のパンツと青いニットキャップのクマといえばラスムス クルンプと誰もが知っているキャラクターとなりました。また、あるドイツのテレビ局による2001年の調査でドイツの子供の40%がラスムス クルンプを知っているという結果がでるほど他国でも有名になっていきました。

現在のところ、ラスムス クルンプに関しての本は80種類ほど出版されており、新しいものも次々と出てきています。アニメーションは1970年代に登場し、1996年までに52話が制作されました。21ヶ国以上の国で新聞の連載または本として出版され、またそのキャラクターがライセンスとなり、さまざまものが商品化されました。

物語は誰もが子供の頃によくある話で、実際に子供たちはそれに共感を覚え、今ではどの世代からも愛される物語となったのです。

RK1

「ウィルヘルム・ハンセン」と作家「カラー・ハンセン」の夫婦によって生み出された。

border

RASMUS KLUMP, HIS FRIENDS AND HIS WORLD

Rasmus Klump was born in 1951 when he started out as a strip cartoon character
in newspapers. He was an instant success with both children and adults
thanks to a unique blend of his appeal to young children delighted by storytelling
and a style of drawing that elegantly communicated theseries’ sparkling,
imaginative universe.

Since then, Rasmus Klump books have been a fixture in every child’s room,
and the same generation that read Rasmus Klump books to their children can now
read them to their grandchildren. It’s hardly an exaggeration to look upon
the little bear with the red and white pants and the blue knit cap as Denmark’s
most well-known children’s icon. A 2001 study by the German TV-station
WDR (Westdeutsche Rundfunkwerbung) showed that 40% of German children
could immediately recognize the character’s name.

At the time of this writing, there are around 80 different books with Rasmus Klump
and new ones are constantly in production. The first animated cartoon came
along in the 1970s and by 1996, 52 animated cartoons were produced.
Rasmus Klump was published as a newspaper series or in book form in over
21 countries. In addition, the character has been used for a long line of licensing
and merchandising products.

The whole concept around Rasmus Klump and his friends is about things that happens
within a child’s environment and that applies directly to small children their parents,
grandparents, great grandparents…and naturally all their aunts, uncles, and friends
and family. In short…to a VERY broad target group.